FC2ブログ

【車両データ】キハ182-508

【キハ182-508】

▼2-4位側。(2008.06.15撮影)
キハ182-508

キハ182-508

▼2-4位側。(2009.12.05撮影)
キハ182-508

キハ182-508

▼車番(2009.12.05撮影)、検査標記「15-9五稜郭車所」(2009.12.05撮影)
キハ182-508 キハ182-508

1.新製時の概要
●製造所:富士重工
●新製区分:1986本
●新製年月日:1986(S61).08.29
●新製配置:札幌

2.新製時の主要諸元
●定員:68人
●最高速度:110km/h(動力装置は120km/h)
●駆動機関形式・定格出力:DML30HSJ・550PS/2,000rpm
●液体変速機:DW12
●台車(駆動・付随):DT54・TR239
●電源装置・発電機:なし
●冷房装置:AU79×1
●座席・色・シートピッチ:R55A・ヘーゼルナッツにストライプ・940mm

3.車歴
●1986(S61).08.29 新製(札幌)
●1989(H01).03.11 転属(札幌→函館)
●2018(H30).03.17 転属(函館→苗穂)

4.塗色変更
●1986(S61).08.29 新特急色(富士重工)
●1994(H06).01.29 HET色(五稜郭)

5.改造・工事等
●1988(S63).03.00 工事【最高速度120km/h化(ブレーキ強化)】
●2000(H12).02.14 工事【トイレの洋式化】(五稜郭)
●2001(H13).11.05 工事【窓ガラスのポリカーボネート化】(五稜郭)
●2009(H21).02.03 工事【グレードアップ指定席化改造、定員66】(五稜郭)
●2019(H31).02.25 工事【減速機支え装置構造変更】(苗穂工)

6.検査表記
●「61- 8 富士重工」
●「 9- 7 五稜郭車所」
●「15-9 五稜郭車所」


7.その他、注

《更新情報》
2009.11.05 写真、データを掲載
2010.02.15 写真を追加、データの掲載形式を変更
2010.07.09 写真の掲載形式を変更、写真を追加
2018.05.31 データを追加(車歴)
2019.05.22 「5.改造・工事等」更新

【車両データ】キハ182-502

【キハ182-502】

▼1-3位側(1999.6.19撮影)
1999-6-19.jpg
※画像は「naebo photo blog ぞら」様提供。禁転載

▼キハ182-502(後方から2両目)を含む8連の回送列車(1999年撮影)
PICT0028.jpg
※画像は「naebo photo blog ぞら」様提供。禁転載

▼1-3位側。(2009.08.08撮影)
キハ182-502

▼2-4位側。(2010.01.05撮影)
キハ182-502

キハ182-502

▼1-3位側。(2010.04.25撮影)
キハ182-502

▼車番、検査標記「14-5苗穂工」(2010.01.05撮影)
キハ182-502 キハ182-502

▼車番「国鉄書体、黒」(2010.04.25撮影)
キハ182-502

1.新製時の概要
●製造所:新潟鉄工所
●新製区分:1986本
●新製年月日:1986(S61).09.02
●新製配置:札幌

2.新製時の主要諸元
●定員:68人
●最高速度:110km/h(動力装置は120km/h)
●駆動機関形式・定格出力:DML30HSJ・550PS/2,000rpm
●液体変速機:DW12
●台車(駆動・付随):DT54・TR239
●電源装置・発電機:なし
●冷房装置:AU79×1
●座席・色・シートピッチ:R55A・ヘーゼルナッツにストライプ・940mm

3.車歴
●1986(S61).09.02 新製(札幌)
●1989(H01).03.11 転属(札幌→函館)
●1994(H06).02.22 転属(函館→札幌)
●2012(H24).06.01 転属(札幌→苗穂)

4.塗色変更
●1986(S61).09.02 新特急色(新潟鐵工所)
●1994(H06).08.頃 HET色 ※【1994.8.5】特急北斗8号
●1999(H11).03.頃 とかち色 ※1
●2000(H12).01.19 HET色

5.改造・工事等
●1988(S63).03.頃 工事【最高速度120km/h化(ブレーキ強化)】
●2000(H12).01.19 工事【宗谷本線特急用改造(定員:60)】(苗穂工)
●2000(H12).01.20 工事【トイレの洋式化】(苗穂工)
●2001(H13).06.27 工事【窓ガラスのポリカーボネート化】(札幌運転所)
●2018(H30).07.13 工事【減速機支え装置構造変更】(苗穂工)

6.検査表記
●「61- 9 新潟鉄工所」
●「 8- 3 五稜郭車所」
●「14- 5 苗穂工」

●「30- 7 苗穂工」

7.その他、注
●注1 1999年3月20日に塗色変更の目撃情報あり(出典:「鉄道フォーラム」過去ログ)。また、1999年6月19日撮影の写真あり。(出典:「naebo photo.blog ぞら」様)これによると、窓周りの茶色はHET色並みの濃い茶色だったとのこと。
●写真(1997.8.19撮影):1-3位側・HET色(『鉄道ファン』440号、1997.12、111p)

《更新履歴》
2010.02.15 写真、データを掲載
2010.04.25 写真を追加
2010.07.09 写真の掲載形式を変更、写真を追加
2013.05.25 データを追記(車歴)
2015.11.01 データを更新(塗色変更)
2016.10.02 データを更新(7.その他、注)
2016.12.18 写真を追加(とかち色)
2018.10.02 データを追加(6.検査表記)
2019.05.22 「5.改造・工事等」更新

【車両データ】キロ182-505

【キロ182-505】

1.新製時の概要
●製造所:富士重工
●新製区分:1986年度(1986本)
●新製年月日:1986(S61).10.06
●新製配置:札幌

2.新製時の主要諸元
●定員:32人
●最高速度:110km/h(動力装置は120km/h)
●駆動機関形式・定格出力:DML30HSJ・550PS/2,000rpm
●液体変速機:DW12
●台車(駆動・付随):DT54・TR239
●電源装置・発電機:なし
●冷房装置:AU76×2
●座席・色・シートピッチ:R36・グリーン・1,160mm

3.車歴
●1986(S61).10.06 新製(札幌)
●1990(H02).09.01 転属(札幌→函館) ※1
●2018(H30).03.17 転属(函館→札幌)

4.塗色変更
●1986(S61).10.06 新特急色(富士重工)
●1993(H05).10.29 HET色(五稜郭)

5.改造・工事等
●1987(S62).06.04 工事【電話機取付】(苗穂工)
●1988(S63).03.頃 工事【最高速度120km/h化(ブレーキ強化)】
●1993(H05).10.29 工事【アコモ改善(腰掛3列化等) 、定員24】(五稜郭)
●2000(H12).03.31 工事【トイレの洋式化】(苗穂工)
●2001(H13).11.26 工事【窓ガラスのポリカーボネート化】(五稜郭)
●2011(H23).12.17 工事【グリーン車リニューアル】(五稜郭)
●2014(H26).01.09 工事【乗務員無線機取換】(函館運転所)
●2018(H30).06.19 工事【減速機支え装置構造変更】(苗穂工)

6.検査表記
●「61-10 富士重工」
●「 8- 4 五稜郭車所」


●「30-5 苗穂工」

7.その他、注
●注1:2013年(H25年)7月6日の特急北斗14号のエンジン発火事故の影響により、同月から2014年(H26年)7月まで運用休止。
●写真(2017.2.16撮影):1-3位側・HET色(『鉄道ファン』679号、2017.11、10p)
●写真(1989.6.10撮影):1-3位側・新特急色(広田尚敬氏『魅惑のJR車両たち』、1990.1、49p)



▼2-4位側(2007.08.14撮影)《1200×1200》
キロ182-505

▼2-4位側(いずれも2010.05.02撮影)《1800×1200》
キロ182-505

キロ182-505

▼1-3位側(2018.06.24撮影)《1800×1200ピクセル》
キロ182-505

▼車番(2010.05.02撮影)《1800×1200》
キロ182-505

▼車番(2018.06.24撮影)《600×400》、検査表記(2018.06.24撮影)《1200×800》
キロ182-505 キロ182-505

▼エンジン(2018.06.24撮影)《1200×800》、TR239台車(2018.06.24撮影)《1200×800》
キロ182-505 キロ182-505

▼排気筒立ち上げ(2018.06.24撮影)《600×400》
キロ182-505


《更新履歴》
2010.04.19 写真、データ掲載
2010.07.04 写真更新(掲載形式変更)
2013.05.25 「3.車歴」更新記
2018.05.25 「3.車歴」更新
2018.12.03 写真更新
2019.05.22 「5.改造・工事等」更新