【日誌】ただいま塗装中

 ED76-509の製作が終わり、この夏からTOMIX製キハ182形0番台の旧製品を最新のロットと編成を組んでも違和感のない程度にディティールアップするという新たなミッションを課して、週末にちまちま作業していましたが、現在、やっと車体の塗装にまでこぎつけました。とはいっても、まだ作業途中ですが。
▼ただいま塗装中
20120930_01.jpg

20120930_02.jpg

 現在、車体側面の赤2号の塗装を残して終了した状態です。ところで、今回は最初期製品のクリーム4号を生かすという条件を課しており、側面のクリーム4号は製品の塗装をそのまま生かす予定です。ただ、妻面については、貫通ドア上面のグリルを撤去していますし、手すりも別パーツ化しています。製造銘板等も別パーツ化しました。したがって、妻面は黒の地肌がいたるところに露出し、ここだけは最塗装しないわけにいきません。そこで、この製品独特のクリーム4号を調合するのに結構難儀しました。結論はというと・・・

▼クリーム4号(左からFARBE、調合したもの、グリーンマックス)
20120930_04.jpg

最新ロットのクリーム4号をもとにして、ガイアノーツのピュアイエローを数滴加えたのち、同じくガイアノーツのピュアホワイトをどんどん加えて白っぽくして作りました。写真ではあまりよく表現できていませんが、黄色味を帯びた白っぽいクリーム4号が表現できれば成功です。ちなみに、グリーンマックスのクリーム4号は明らかに暗い感じの色表現で、少なくともTOMIX製のキハ183系には合いません。同じクリーム4号とはいっても色々あるのもです。

《更新情報》
2012.09.30 記事を掲載


【編成記録】スーパーとかち代走(2012.9)

「特急スーパーとかち」代走の編成記録(2012年9月)

 2012年9月5日と6日の両日、キハ261系1000番台で運行されているスーパーとかち1,4,7,10号がキハ183系により代走となりました。これは、キハ261系の車両点検に伴うもので、事前にJR北海道のホームページで告知されました。両者の性能は本来結構違うはずですが、恒常的に行われている減速運転以外の遅延は発生しないとされていることからすると、減速運転による影響が結構大きいことを逆に物語っているようでもあります。
 編成ではキハ183系ファンの期待を裏切ることなくキロキューことキロ182-9が連結されていました。

【2012.9.5~6】スーパーとかち1号 札幌発 帯広行 31D 札サウ
【2012.9.5~6】スーパーとかち4号 帯広発 札幌行 34D 札サウ
【2012.9.5~6】スーパーとかち7号 札幌発 帯広行 37D 札サウ
【2012.9.5~6】スーパーとかち10号 帯広発 札幌行 40D 札サウ
←苗穂
≪キハ
183-
219
キロ
182-
9
キハ
182-
16
キハ
182-
42
キハ
182-
45
キハ≫
183-
215
桑園→
【出典】「苗穂のおっさん」様からの情報提供

《更新情報》
2012.09.05 データを掲載
2012.09.06 データを追加