【編成記録】キハ183系特急「おおぞら」(はじめに)

キハ183系特急「おおぞら」の編成記録(はじめに)


ozora_026.jpg
▲TOMIXのキハ183系標準色セット(旧製品)に入っていたヘッドマークシール。国鉄時代の北海道内で運用されていたキハ183系による特急列車を網羅していました。特急「おおぞら」は函館~釧路間(石勝線経由)時代の系統図が示されています。

 このコーナーでは、様々な資料から集めたキハ183系による特急「おおぞら」の編成記録をもとに、キハ183系の運用による特急「おおぞら」の約20年間を振り返ります。
 特急「おおぞら」は、1961年(昭和36年)10月1日ダイヤ改正で、函館~旭川間(室蘭本線・千歳線経由)を結ぶ気動車特急として登場しました。1962年(昭和37年)10月1日ダイヤ改正からは、運用区間が函館~釧路間(滝川・富良野経由)に延長され、現在の特急「スーパーおおぞら」につながる釧路方面の特急列車としてのイメージが定着することになりました。
 特急「おおぞら」の運用に用いられる車両は、登場以来キハ80系が担っていましたが、老朽化したキハ80系の置き換え用として開発されたキハ183系が登場すると、いち早く特急「おおぞら」の運用にキハ183系が用いられることになり、1980年(昭和55年)2月10日の運用開始から、キハ283系特急「スーパーおおぞら」にその役割を完全に譲るまでの約20年間、特急「おおぞら」はキハ183系を中心とした運用が続きました。
本コーナーでは12回に分けて、キハ183系特急「おおぞら」の運用を紹介します。この記事を書くために色々と調べる過程で、参考文献などにはほとんど出てこない1984年(昭和59年)2月1日ダイヤ改正による運用変更の存在や、車両塗色変更のより詳細な経緯などについても知ることができました。純粋に趣味としての観点から記したニッチな内容のコーナーですが、よろしければご覧ください。(2015.3.22 DC183系資料室管理人)

目次

記事番号
期間
主な記事
その1
1980.02.10~1981.09.30
キハ183系900番台登場
その2
1981.10.01~1984.01.31
キハ183系0番台登場
その3
1984.02.01~1985.03.13
キハ183系特急「おおぞら」4往復体制に
その4
1985.03.14~1986.10.31
キハ183形100番台登場(短編成化)
その5
1986.11.01~1988.03.12
キハ183系500番台登場、新特急色登場
その6
1988.03.13~1989.03.10
キハ183系550番台登場、札幌駅高架化
その7
1989.03.11~1990.08.31
キハ183系550番台増備
その8
1990.09.01~1993.03.17
札幌~帯広間を特急「とかち」に分離
その9
1993.03.18~1997.03.21
急行「まりも」を特急「おおぞら」に編入
その10
1997.03.22~1998.12.07
キハ283系登場、特急「おおぞら」HET色
その11
1998.12.08~2000.03.10
キハ283系増備、特急「おおぞら」3往復
その12
2000.03.11~2001.06.30
キサロハ182形連結、特急「おおぞら」消滅
※それぞれの記事番号をクリックすると解説記事へリンクします。編成記録のページから入ることもできます。


《更新履歴》
2015.03.22 記事を掲載

【編成記録】キハ183系特急「おおぞら」⑫

キハ183系特急「おおぞら」の編成記録(その12)(終)


ozzora_024
画像は「鉄道模型工作記録帳」の管理人様提供。禁転載
 特急「おおぞら」のグリーン車の最後を担ったのは、特急「スーパーとかち」用に製造されたキサロハ182形550番台。1年余りの活躍ののち、長らく保留車として釧路に留置されていたが、2013年(平成25年)に4両とも廃車となった。

⑫ 2000年3月11日~2001年6月30日
 2000年(平成12年)3月11日のダイヤ改正で特急「おおぞら」に大きな変化がありました。キハ283系が特急「スーパーとかち」1往復にも導入され、それに伴い、「とかち」「おおぞら」ともにキハ283系を使用したものに「スーパー」の名を冠することになり、キハ183系を使用したものを特急「とかち」、特急「おおぞら」と呼ぶことになりました。また、それまで特急「スーパーとかち」に用いられていたキサロハ182形550番台が特急「おおぞら」に用いられることになりました。それまで特急「おおぞら」に用いられていたキロ182形0番台及びキロ184形900番台は運用を失い、2000年度(平成12年度)末に相次いで廃車となりました。これにより、HET色の平屋根グリーン車は消滅しました。
 キサロハ182形550番台を連結することになったことに伴い、使用車両が大幅に変更になりました。釧路方先頭車はそれまでのキハ183形1550番台からキハ182形200番台となり、キサロハ182形の札幌寄りにはキハ182形200番台、キハ182形500番台が連結されるようになりました。また、札幌方先頭車には、それまで釧路方先頭車だったキハ183形1550番台が用いられるようになりました。
 2001年(平成13年)7月1日ダイヤ改正で再びキハ283系が増備され、昼行の特急「おおぞら」2往復がキハ283系特急「スーパーおおぞら」となり、また、夜行特急「おおぞら」1往復は特急「まりも」と変更されたことにより、特急「おおぞら」は消滅することになりました。

【2000.3.11~】特急おおぞら6号 釧路10:56発 札幌15:29着 4006D 釧クシ
【2000.3.11~】特急おおぞら7号 札幌14:27発 釧路19:05着 4007D 釧クシ
【2000.3.11~】特急おおぞら3号 札幌:8:56発 釧路13:43着 4003D 釧クシ
【2000.3.11~】特急おおぞら10号 釧路15:16発 札幌19:58着 4010D 釧クシ
←苗穂
《キハ
183-
200
キサロハ
182-
550
キハ
182-
200
キハ
182-
500
キハ》
183-
1550
桑園→
注1 編成例:2000年(平成12年)6月2日特急おおぞら10号
特急「おおぞら」の編成記録(2000.6)

【2000.3.11~】特急おおぞら14号 釧路23:00発 札幌5:50着 4014D 釧クシ
【2000.3.11~】特急おおぞら13号 札幌23:00発 釧路5:50着 4013D 釧クシ
←苗穂
《キハ
183-
200
スハネフ
14-
500
オハネ
14-
500
キハ
182-
500
キハ》
183-
1550
桑園→
注2 編成例:2000年(平成12年)11月13日特急おおぞら13号
特急「おおぞら」の編成記録(2000.11)

【所属車両】31両 釧クシ(2001.4.1時点)
キハ183形
101、102、207、208、209、210、1551、1552、1553、1554
10両
キハ182形
1、2、3、106、107、12、13、14、15、、224、225、226、227
504、505、506、513
17両
キサロハ182形
551、552、553、554
 4両

その11≪≪ キハ183系特急「おおぞら」の編成記録

《更新履歴》
2015.02.08 記事を掲載
2015.03.22 記事を整理

【編成記録】キハ183系特急「おおぞら」⑪

キハ183系特急「おおぞら」の編成記録(その11)


ozora_025
画像は「鉄道模型工作記録帳」の管理人様提供。禁転載
 キロ184-901は、ながらく特急「おおぞら」用のグリーン車として活躍してきたが、キロ182-8が札幌運転所(札サウ)から釧路運輸車両所(釧クシ)に転属となると保留車扱いになったと思われる。そして特急「おおぞら」の終焉を待たずに、2001年(平成13年)3月31日付で廃車となった。

⑪ 1998年12月8日~2000年3月10日
 1998年(平成10年)12月8日のダイヤ改正でキハ283系特急「スーパーおおぞら」が1往復増発となり、夜行を含む特急「おおぞら」は3往復に削減されました。また、編成もこれまでの6両編成から5両編成に1両減車となりました。なお、特急「とかち」2往復も特急「おおぞら」と共通運用となっています。
 このダイヤ改正に合わせて、キハ184-10が札幌運転所(札サウ)から釧路運輸車両所(釧クシ)に転属となり、釧路運輸車両所所属の車両は33両となりました。キロ182-8と異なり、キハ184-10がHET色に塗り直されることはなかったようです。

【1998.12.8~】特急おおぞら6号 釧路10:55発 札幌15:27着 4006D 釧クシ
【1998.12.8~】特急おおぞら7号 札幌14:29発 釧路19:05着 4007D 釧クシ
【1998.12.8~】特急おおぞら3号 札幌:8:59発 釧路13:40着 4003D 釧クシ
【1998.12.8~】特急おおぞら10号 釧路15:15発 札幌19:56着 4010D 釧クシ
←苗穂
《キハ
183-
1550
キハ
182-
0
キロ
182-
0
キハ
184-
0
キハ》
183-
500
桑園→
注1 4号車と5号車はキハ182形0番台とキハ183形100番台となる場合がある。
注2 編成例:1998年12月12日特急おおぞら6号
特急「おおぞら」の編成記録(1998.12)
【1998.12.8~】特急おおぞら14号 釧路23:00発 札幌5:50着 4014D 釧クシ
【1998.12.8~】特急おおぞら13号 札幌23:00発 釧路5:50着 4013D 釧クシ
←苗穂
《キハ
183-
1550
スハネフ
14-
500
オハネ
14-
500
キハ
184-
0
キハ》
183-
500
桑園→
注3 4号車と5号車はキハ182形0番台とキハ183形100番台となる場合がある。
注4 編成例:2000年2月26日特急おおぞら14号
特急「おおぞら」の編成記録(2000.2)

【所属車両】33両 釧クシ(1998.12.8時点)
キハ183形
101、102、501、503、504、505、1551、1552、1553、1554
10両
キハ182形
1、2、3、4、5、106、107、10、11、12、13、14、15
13両
キハ184形
2、6、7、8、10
 5両
キロ184形
901
 1両
キロ182形
1、5、7、8
 4両

その10≪≪ キハ183系特急「おおぞら」の編成記録 ≫≫その12

《更新履歴》
2015.02.08 記事を掲載
2015.03.22 記事を整理、冒頭の写真を入替