【日誌】キハ183形3550番台も製作中!

 最近の勢いに乗って、加工途中のまま久しく放置していたキハ183-3563、キハ183-3566の2両の製作も再開しました。塗装前の状態までは1年以上前に終了し、塗装からというところで中断していましたが、今回はその塗装を一部行いました。キハ183形3550番台のHET色は屋根部分の塗り分け新特急色時代とは異なりますので、屋根板を車体に接着して屋根板と車体上部のつなぎ目を埋める必要があります。この屋根板を接着してしまうと、屋根部分と車体部分の塗り分けが面倒になるので、屋根板は一旦グレーで塗装し、車体の方も妻面及び客用扉部分のHET色の再塗装を先に行いました。写真は塗装終了後、屋根板を仮に取り付けてみたものです。
 このあと、屋根板を接着したうえで、屋根上部のつなぎ目を埋め、グレーと運転室部分のHET色の再塗装を行うことになります。
 なお、HET色は3550番台時代ということで、いわゆる噴火湾ブルーの濃い青色にしてあります。

▼キハ183形3550番台
280928_03.jpg

280928_04.jpg

▼キハ183形3550番台(運転質側)
280928_01.jpg
 すでに貫通扉も金属製パーツに交換し、手すり等もすべて別パーツ化しています。さらに、キハ183-3563の方は渡り板をたたんだ状態に、キハ183-3566の方は渡り板を倒した状態にしてあります。

▼キハ183形3550番台(客用扉側)
280928_02.jpg
 こちらも手すり等はすべて別パーツ化してあります。他の車両に合わせて貫通幌のパーツを作り分けられるように小加工しました。取付穴をふさいだ方は、戦闘車用の貫通幌を取り付けます。

▼いわゆる噴火湾ブルーのHET色
280928_05.jpg
 あざやかな青色になりました。前回紹介したキロ182-2553と同じ色です。編成が揃うと、TOMIX製品のままのものとはかなり雰囲気が異なってみえると思います。


【日誌】キハ182-2553ディテールアップ中

 キロ182-1のディテールアップによって、ある程度工程の標準化ができたことで、キロ182-2553のディテールアップを始めました。実は、これまでに手を付けたものの途中で長期にわたり放置していた車両が10数両あり、現在、それらの車両のディテールアップを少しずつ進めています。写真で紹介するキロ182-2553もそのうちの1両で、手すりの別パーツ化や水タンクへの手すり増設等を行った状態のまま作業が中断していました。
 本日は、車体の塗装を行いました。妻面を灰色に塗り、屋根をグレーに塗り、最後に客室ドア周辺をいわゆる噴火湾ブルーの濃いフブルーに塗装しました。
 このあと、妻面に貫通幌を取り付けたり、各種表記類を転写したりして、床下機器を塗装し直せば完成です。10月中にできるかな?と考えています。

▼キロ182-2553(2-4位側)
280925_01.jpg

▼キロ182-2553(1-3位側)
280925_02.jpg
 いずれもグリーンマークはまだ転写していません。
▼妻面(1-2位側)
280925_03.jpg

▼妻面(2-4位側)
280925_04.jpg
 水タンクやクーラーにも手すり等を増設しています。また、新たに妻面の車端ダンパー受けも取り付けました。

【日誌】JR苗穂工場一般公開2016

 2016年9月24日(土)実施のJR苗穂工場一般公開に行ってきました。天気も良く大勢の人たちでにぎわっていました。
キハ183系関連の写真を4枚だけ紹介します。
 1枚目は、キハ183形8550番台、9550番台、キハ182形7550番台搭載のN-DMF13HZK駆動エンジンです。機関換装により新たに搭載されたエンジンを初めてまじかで見ました。「DMF13HZK、新潟原動機」と表示されていました。
▼N-DMF13HZK
280924_01.jpg

 2枚目は、キハ182形500番台搭載のDML30HSJです。特急「サロベツ」用との表示がありました。
▼DML30HSJ
280924_03.jpg

 3枚目は、苗穂工場内から見た特急「オホーツク」用のキハ183系4両編成です。現在は札幌-旭川間の臨時特急として使用されていますので、愛称表示幕は「臨時」でした。
▼キハ183-214以下4連
280924_02.jpg

 4枚目は、休憩車として開放されていたキハ183-6101です。お座敷列車としての運用を失った車両です。「21-9 苗穂工」の全検表示がありましたので、そろそろ検査切れと思われます。(すでに切れているかもしれません。)このままキハ182-6001のように解体されてしまうのか、キハ183-6001のように生き延びるのか、注目されるところです。ちなみにエアコンが入っておらず窓も空かないので休憩車としては不評で、同じく休憩車として開放されていたキハ40形の方がはるかに快適でした。
▼キハ183-6101
280924_04.jpg

ほかにも、たくさんの見どころがありましたが、紹介はこの辺までにします。