【考察】キハ183形100番台を見分ける①

 キハ183形100番台は、中間電源車のキハ184形を先頭車改造して誕生したもので、独特のスタイルと4両のみの希少性のためか、「坊主」という愛称で呼ばれ人気があります。2010年までに104を除きすべて廃車されており、希少性?はますます高まっています。
 廃車時(104は2011年現在)の外見上は、101~103の3両が「HET色」、104が「とかち色」という大きな違いがありますが、それ以外にも、細かく見るといろいろな違いが見られます。

▼キハ183-101(2-4位側)
キハ183-101
画像は「鉄道模型工作記録帳」の管理人様提供。禁転載。

▼キハ183-102(2-4位側)
キハ183-102
画像は「鉄道模型工作記録帳」の管理人様提供。禁転載。

▼キハ183-103(2-4位側)
キハ183-103

▼キハ183-104(2-4位側)
キハ183-104

▼キハ183-101(1-3位側)
キハ183-101
画像は「鉄道模型工作記録帳」の管理人様提供。禁転載。

▼キハ183-102(1-3位側)
キハ183-102
画像は「鉄道模型工作記録帳」の管理人様提供。禁転載。

▼キハ183-103(1-3位側)
キハ183-103

▼キハ183-104(1-3位側)
キハ183-104


 今回、「鉄道模型工作記録帳」の管理人様に教えていただいて初めて気づいたのですが、同じHET色でも、ロゴマークの貼付位置が違います。上の写真を見る一目瞭然ですが、101のロゴマークの位置は運転席窓の位置よりかなり低く、102は運転席窓直下の位置にあります。103は102と同様の位置にあります。
 また、運転席窓のサッシは、101と102は黒く塗られていますが、103と104は銀色のままです。

▼貫通扉上方の手すりの位置(左上101、右上102、左下103、右下104)
キハ183_100 キハ183_100

キハ183-103 キハ183_100

 次に、貫通扉上方の手すりの付け方が、五稜郭で改造された101、103と苗穂で改造された102、104で異なります。上の写真から分かるように、前者は垂直方向に、後者は水平方向に手すりが取り付けられています。更に垂直方向に取り付けられている101と103でも、101の方が貫通扉に近い位置に取り付けられており、103は明らかに101よりも高い位置に取り付けられています。

以上のことから、車番のはっきりしない写真でもある程度者番を推定することが可能です。同じ「HET色」車でも、ロゴマークの位置が低ければ101、ロゴマークの位置が高く手すりが水平方向に取り付けられていれば102、垂直方向に取り付けられていれば103ということになります。また、サッシが黒色で手すりが垂直方向なら101、水平方向なら102、サッシが銀色なら103ということも言えるでしょう。101と103は巣直方向の手すりの取り付け位置の高低でも区別できます。

ちなみにATSマークの標記位置や屋根の塗り分けも異なる点があります。

▼ATSマークの表記位置
左は101、右は102
キハ183_100 キハ183_100

左は103(2004年)、右は103(2009年)
キハ183_100 キハ183_100

104
キハ183_100

 101、103、104は乗務員扉下端付近、102は乗務員扉取っ手付近にATS表記があります。ただし、103は廃車時には102同様の位置に改めれられたようです。

▼屋根の塗り分け位置
左は101、右は102
キハ183_100 キハ183_100

103
キハ183_100

左は104(2004年)、右は104(2010年)
キハ183_100 キハ183_100

 屋根のグレー色と青色(104は灰色)との境目に着目すると、101、102は雨樋部分までグレーで塗られていますが、103では途中に塗り分け線があります。104は、以前は途中に塗り分け線がありましたが、平成21年4月の全検時に雨樋部分までグレーの塗り分けに変更になりました。

 称呼表記の取り付け位置にも個体差があります。称呼表記とは下の写真のもの(写真はキハ183-1507のもの)で1位側と2位側にあります。国鉄の場合、特急形はペイントではなく銘板と同様に取り付けられていました。

▼称呼表記(2009.10.10撮影)
称呼表記

▼称呼表記の位置。写真左上は101、右上は102、左下は103、右下は104。
キハ183-100 キハ183-100

キハ183-100 キハ183-100

五稜郭で改造された101と103は雨樋よりも客室よりに取り付けられており、103の方がより客室よりです。苗穂で改造された102と104は乗務員扉よりも前よりで取り付け位置はほぼ同じです。

※小さな画像の一部「鉄道模型工作記録帳」の管理人様提供。禁転載。

《更新履歴》
2010.07.16 記事を掲載
2010.07.18 記事を更新
2011.01.18 記事を更新


スポンサーサイト

コメント

No title

101、102、103で発電機関の煙突も違いますね。
104は102と同じようですけど

2011年01月19日 13:18 from こむめURL Edit

Re: No title

お久しぶりです。コメントありがとうございます。煙突の位置についてははじめて気づきました。もっとこの部分のアップの写真を撮っておくべきでした。

2011年01月19日 22:23 from dc183URL

非公開コメント

トラックバック

http://dc183.blog62.fc2.com/tb.php/277-3fdc19f2