【ピックアップ】検査表記

車両データに掲載した写真から、検査表記部分の写真を並べてみました。

▼検査表記の写真を掲載した車両一覧
車番
表記
自重
換算積
換算空
撮影日
キハ182-11
15-11 苗穂工 42.6t
5.0
4.5
2009.11.21
キハ182-16
14-5 苗穂工 42.6t
5.0
4.5
2010.01.05
キハ182-21
14-6 苗穂工 42.6t
5.0
4.5
2009.12.30
キハ182-22
14-10 苗穂工 42.6t
5.0
4.5
2010.01.05
キハ182-23
15-4 苗穂工 42.6t
5.0
4.5
2009.12.30
キハ182-31
13-5 五稜郭車所 42.6t
5.0
4.5
2009.12.30
キハ182-38
8-7 苗穂工 46.5t
5.0
4.5
不明
キハ182-39
14-10 苗穂工 42.6t
5.0
4.5
2009.11.22
キハ182-40
20-11 苗穂工 42.6t
5.0
4.5
2010.01.05
キハ182-41
21-3 苗穂工 42.6t
5.0
4.5
2009.11.21
キハ182-42
13-10 苗穂工 42.6t
5.0
4.5
2009.11.21
キハ182-44
14-3 苗穂工 42.6t
5.0
4.5
2009.08.08
キハ182-106
15-11 釧路運両 45.7t
5.0
4.5
不明
キハ182-107
9-1 五稜郭車所 45.7t
5.0
4.5
不明
キハ182-404
22-4 五稜郭車所 38.8t
4.5
4.0
2010.05.23
キハ182-405
22-2 五稜郭車所 38.8t
4.5
4.0
2010.05.23
キハ182-406
21-7 苗穂工 38.8t
4.5
4.0
2010.05.23
キハ182-413
21-9 苗穂工 38.8t
4.5
4.0
2010.05.23
キハ182-502
14-5 苗穂工 41.6t
4.5
4.0
2010.01.05
キハ182-503
15-5 五稜郭車所 41.6t
4.5
4.0
2010.05.04
キハ182-507
17-2 五稜郭車所 38.8t
4.5
4.0
2010.05.02
キハ182-508
15-9 五稜郭車所 40.7t
4.5
4.0
2009.12.05
キハ182-509
20-6 五稜郭車所 40.7t
4.5
4.0
2010.05.02
キハ182-510
20-4 五稜郭車所 40.7t
4.5
4.0
2010.05.02
キハ182-511
20-8 五稜郭車所 40.7t
4.5
4.0
2009.12.05
キハ182-901
8-5 苗穂工 44.8t
5.0
4.5
不明
キハ182-2551
14-10 五稜郭車所 40.1t
4.5
4.0
2010.05.04
キハ182-2552
14-12 五稜郭車所 40.1t
4.5
4.0
2009.10.10
キハ182-2553
19-2 五稜郭車所 40.1t
4.5
4.0
2009.10.10
キハ182-2554
22-4 五稜郭車所 42.1t
4.5
4.0
2010.05.04
キハ182-2555
15-1 五稜郭車所 40.4t
4.5
4.0
2009.12.30
キハ182-2556
14-8 五稜郭車所 42.1t
4.5
4.0
2010.05.04
キハ182-2557
14-12 五稜郭車所 42.1t
4.5
4.0
2009.10.10
キハ182-2558
21-10 五稜郭車所 42.1t
4.5
4.0
2010.07.25
キハ182-2559
21-5 五稜郭車所 42.1t
4.5
4.0
2009.10.10
キハ182-2560
20-1 五稜郭車所 40.4t
4.5
4.0
2009.10.10
キハ182-2561
19-5 五稜郭車所 42.1t
4.5
4.0
2010.05.04
キハ182-2562
20-10 五稜郭車所 42.1t
4.5
4.0
2010.05.04
キハ183-2
10-4 苗穂工 46.0t
5.0
4.5
不明
キハ183-102
10-3 釧路運両 44.2t
5.0
4.5
不明
キハ183-104
21-4 苗穂工 46.0t
5.0
4.5
2010.05.02
キハ183-208
21-9 苗穂工 46.0t
5.0
4.5
2009.12.05
キハ183-220
14-4 苗穂工 46.0t
5.0
4.5
2009.11.21
キハ183-501
14-5 釧路運両 40.9t
4.5
4.0
2009.10.10
キハ183-1501
15-3 苗穂工 41.5t
4.5
4.0
2010.08.06
キハ183-1503
15-4 五稜郭車所 41.5t
4.5
4.0
2010.01.05
キハ183-1505
14-12 五稜郭車所 40.3t
4.5
4.0
2009.12.05
キハ183-1507
14-8 五稜郭車所 40.4t
4.5
4.0
2009.10.10
キハ183-1551
14-9 釧路運両 41.2t
5.0
4.5
2009.12.30
キハ183-1551
22-3 苗穂工 41.2t
5.0
4.5
2010.04.25
キハ183-1552
13-11 釧路運両 41.2t
4.5
4.0
2010.01.05
キハ183-1555
15-10 五稜郭車所 40.9t
4.5
4.0
2010.01.05
キハ183-3563
21-12 五稜郭車所 42.8t
4.5
4.0
2009.12.30
キハ183-3565
14-9 五稜郭車所 40.9t
4.5
4.0
2009.10.10
キハ183-4559
14-11 苗穂工 46.0t
5.0
4.5
2010.01.05
キハ183-4561
19-8 五稜郭車所 42.8t
4.5
4.0
2010.07.25
キロ182-504
15-8 五稜郭車所 42.9t
4.5
4.0
2009.12.05
キロ182-2551
21-6 五稜郭車所 43.6t
4.5
4.0
2009.10.10
キロ182-2552
21-8 五稜郭車所 43.6t
4.5
4.0
2009.10.10
キロ182-2553
20-12 五稜郭車所 43.6t
4.5
4.0
2010.05.04
キロハ182-3
21-9 苗穂工 45.0t
5.0
4.5
2009.11.21
キロハ182-4
21-12 苗穂工 45.0t
5.0
4.5
2010.05.02
キロハ182-6
16-4 苗穂工 45.0t
5.0
4.5
2008.10.04
キサロハ182-551
8-12 苗穂工 40.5t
4.0
4.0
不明
キハ182-5001
13-6 苗穂工 45.6t
5.0
4.5
2010.08.06
キハ183-5002
13-6 苗穂工 47.6t
5.0
4.5
2010.08.06

▼キハ182形
 0番台の自重は42.6tがオリジナルですが、急行用の改造を受けたキハ182-38、簡易運転台を取り付けた100番台は、それぞれ46.5t、45.7tと重くなっていますね。
 400番台は、函館転属前に全般検査を受けたキハ182-406とキハ182-413は苗穂工、函館転属後に全般検査を受けたキハ182-404、キハ182-405は五稜郭車所の表記がなされています。両者でHET色のブルー色の違いが顕著ですので、苗穂車と函館車の青色の違いを比較するには好都合です。自重はいずれも500番台オリジナルの38.8tです。
 500番台の自重は、キハ182-507がオリジナルの38.8t、サロベツ用は41.6t、北斗用は40.7tです。40.7tへの変更は、グレードアップ指定席用の座席交換が影響しているように思われます。
 900番台の自重は、オリジナルの44.8tの表記が見えます。量産車よりも2.2tも重かったんですね。
 2550番台の自重は、40.1t、40.4t、42.1tの3種類の表記が見えます。40.4tは550番台オリジナルの自重です。キハ182-2551~2553はオリジナルの自重よりも0.3t軽くなっています。42.1tへの変更は、やはりグレードアップ指定席用への座席変更が影響しているものと思われます。

【キハ182-11(左)、キハ182-16(右)】
キハ182-23 キハ182-11
【キハ182-21(左)、キハ182-22(右)】
キハ182-16 キハ182-21
【キハ182-23(左)、キハ182-31(右)】
キハ182-22 キハ182-31
【キハ182-38(左)、キハ182-39(右)】
キハ183-38 キハ183-39
【キハ182-40(左)、キハ182-41(右)】
キハ183-40 キハ183-41
【キハ182-42(左)、キハ182-44(右)】
キハ183-42 キハ183-44
【キハ182-106(左)、キハ182-107(右)】
キハ182-106 キハ182-107
【キハ182-404(左)、キハ182-405(右)】
キハ182-404 キハ182-405
【キハ182-406(左)、キハ182-413(右)】
キハ182-406 キハ182-413
【キハ182-502(左)、キハ182-503(右)】
キハ182-502 キハ182-503
【キハ182-507(左)、キハ182-508(右)】
キハ182-507 キハ182-508
【キハ182-509(左)、キハ182-510(右)】
キハ182-509 キハ182-510
【キハ182-511(左)、キハ182-901(右)】
キハ182-511 キハ182-901
【キハ182-2551(左)、キハ182-2552(右)】
キハ182-2551 キハ182-2552
【キハ182-2553(左)、キハ182-2554(右)】
キハ182-2553 キハ182-2554
【キハ182-2555(左)、キハ182-2556(右)】
キハ182-2555 キハ182-2556
【キハ182-2557(左)、キハ182-2558(右)】
キハ182-2557 キハ182-2558
【キハ182-2559(左)、キハ182-2560(右)】
キハ182-2559 キハ182-2560
【キハ182-2561(左)、キハ182-2562(右)】
キハ182-2561 キハ182-2562

▼キハ183形
 あまり写真数は多くありませんが、0番台、200番台の自重はいずれもオリジナルの46.0tです。キハ183-2は国鉄標準色に復元されましたが、検査表記はオリジナルの赤2号ではなく黒で表記されています。模型工作の際は注意したいところですね。
 500番台では、オリジナルの40.9tの表記が見えます。
 1500番台の自重は、40.3tがオリジナルですが、サロベツ用は41.5t、北斗用のキハ183-1507は0.1t重い40.4tとなっています。
 1550番台の自重は、40.9tがオリジナルですが、キハ183-1555がオリジナルのまま、キハ183-1551や1552は少し重い41.2tです。
 3550番台や4550番台は、1550番台オリジナルの40.9tの他、42.8tの表記が見えます。これは、グレードアップ指定席用への座席交換の影響と思われます。キハ183-4559は0番台と同じ自重46.0tとなっていますが、これは転記ミスでしょうか?(写真の取り違えかも?)

【キハ183-2(左)、キハ183-102(右)】
キハ183-2 キハ183-102
【キハ183-104(左)、キハ183-208(右)】
キハ183-104 キハ183-208
【キハ183-220(左)、キハ183-501(右)】
キハ183-220 キハ183-501
【キハ183-1501(左)、キハ183-1503(右)】
キハ183-1501 キハ183-1503
【キハ183-1505(左)、キハ183-1507(右)】
キハ183-1505 キハ183-1507
【キハ183-1551(左右とも)】
キハ183-1551 キハ183-1551
【キハ183-1552(左)、キハ183-1555(右)】
キハ183-1552 キハ183-1555
【キハ183-3563(左)、キハ183-3565(右)】
キハ183-3563 キハ183-3565
【キハ183-4559(左)、キハ183-4561(右)】
キハ183-4559 キハ183-4561

▼キロ182形
 500番台の自重は40.8tがオリジナルですが、500番台、2550番台ともオリジナルよりも重くなっています。

【キロ182-405(左)、キロ182-2551(右)】
キロ182-504 キロ182-2551
【キロ182-2552(左)、キロ182-2553(右)】
キロ182-2552 キロ182-2553

▼キロハ182形
 キロ182形0番台の自重は44.7tがオリジナルですが、キロハ182形はいずれも0.3t重い45.0tとなっています。

【キロハ182-3(左)、キロハ182-4(右)】
キロハ182-3 キロハ182-4
【キロハ182-6】
キロハ182-6

▼キサロハ182形
 「形式キハ183・185系」(イカロス出版)によれば、自重は43.0tですが、写真では40.5tとなっています。

【キサロハ182-551】
キサロハ182-551

▼ニセコエクスプレス用
 前回の全般検査は平成13年6月のようですので、そろそろ全般検査の時期ですね。

【キハ182-5001(左)、キハ183-5002(右)】
キハ182-5001 キハ183-5002

《更新履歴》
2010.09.25 記事を掲載

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://dc183.blog62.fc2.com/tb.php/294-0318c40b