【考察】キハ183形100番台を見分ける③

今回は、国鉄標準色のキハ183形100番台の見分け方について、管理人なりに考察してみます。
▼キハ183-102(国鉄標準色)
キハ183-102
画像は「JS3VXMの鉄道管理局」様の許可を得て転載。禁転載。

▼キハ183-104(国鉄標準色)
キハ183-104

 五稜郭改造の101、103と、苗穂改造の102、104の見分け方は、キハ183形100番台の見分け方①で触れたように、正面貫通扉上方の手すりの向きが垂直方向(101、103)か水平方向(102、104)かで容易に判断できます。
 
 今回問題にするのは、102と104の見分け方です。管理人が注目している点は3点あります。1点目はJNRマークの取り付け位置で、102は104に比べて方向幕寄りに取り付けられています。2点目は前位側の雨樋の縦方向と横方向の重なっている部分ですが、102はクリーム4号、104は赤2号で塗装されています。3点目は1987(昭和62)年4月の国鉄民営化以降、9月に新特急色に塗色変更されるまでの期間限定ですが、白色のJRマークの貼付場所が異なります。102は104と比較すると、より出入台寄りに貼付されています。
▼左はキハ183-102、右はキハ183-104
キハ183-102 キハ183-104

 101と103については手元に写真がないので、また改めて考察します。


 余談ですが、そもそも、なぜこんなことを調べ始めたかというと、特に古い写真の中には、車番を確定できないものが多いのですが、少しでも確定させて車両データの写真として活用しようという思いから始めました。上の写真のキハ183-104の写真はこうした考察の成果、車番を特定できたものです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://dc183.blog62.fc2.com/tb.php/308-094abb03