【考察】キハ183形100番台を見分ける④

 『RM MODELS』186号(2011年2月号)のキハ183系に関する記事(「TOMIX〈オホーツク〉セットを使って・・・北の味覚、キハ183系を味わい尽くす!Part2」)の中で、五稜郭工場で改造された101、103と苗穂工場で改造された102、104とでは、先頭側の新製外気導入装置横のランボードの取り付け位置が異なっているという記事が紹介されていました。最近、他のブログ等でも取り上げられているようです。私も全く気づきませんでした。
 そこで、手元にある103と104の横から写した写真で、ちょっと確認してみました。

▼キハ183-103の該当部分
キハ183-103

▼キハ183-104の該当部分
キハ183-104

 こうして比べてみると、確かに、103の方は行先方向幕中央あたりにランボードの端がありますが、104ではそれよりも客室側にランボードの端が寄っており、だいたい行先方向幕の客室よりの端あたりからはじまっています。
私の手元にはちょうどよい写真がありませんが、101は103と同様、102は104と同様の傾向にあるのだと思われます。
 改造で新製した運転台部分そのものは4つ作ったのでしょうが、移設した部品や後付けの手すりなどは、各工場の裁量で行われていたのでしょうか。
 改めてTOMIXの製品を見てみると、確かに104と同じランボードの配置になっています。最初からオホーツク色を発売することをもくろんでいたのでしょうか?この理屈で行くと、仮にHET色を発売するとなると102となり、運転台横のHETロゴの位置は高い位置ということになりますが、どうなるでしょうか。

〈追記〉
 交友社から『魅惑のJR車両たち 動止フォトグラフ』(広田尚敬著、1990年)という写真集があります。ここに102の真横からの写真がありました。確かに104と同じ位置にランボードが取り付けられていました。

《更新履歴》
2011.01.22 記事を掲載
2011.02.22 記事を追加


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://dc183.blog62.fc2.com/tb.php/309-21aa399f