【日誌】ED76 500(7)

 新年あけましておめでとうございます。ご覧の皆様、今年もよろしくお願いします。
今年最初の更新ですが、工作中の今回はED76 500の車高下げを行いました。車体本体にパーツを取り付けてからやると、車体をいじくりまわしているうちにパーツを破損しそうな気がしたので、先に取り組みました。

 車高下げの目標は、下の写真のように51系客車の屋根の高さと揃えることです。
▼ED76 504と51系客車の写真
ED76_504

そのためには、少なくとも0.5mmは下げなくてはなりません。そのための一番手っ取り早い方法は、やはりダイカストを削ることのようでしたので、車体と干渉しそうな部分を削りました。ダイカストの上部を見ると、0.5mmほど他の部分よりも高くなっている部分があります。そこを段差が無くなるまで削りました。モーター部分はかなり薄くなりましたが、なんとか強度は保たれているように思います。
▼加工後のダイカスト(写真2枚)
20120109_05.jpg

20120109_06.jpg

 結果は、以下の写真のようになりました。まあまあうまくいったのではないかと思います。ただ、屋根板の爪を入れるすきまがなくなってしまったので、そこについてはもう一工夫必要です。

▼加工前と加工後
20120109_04.jpg
 飾り帯半分位車高が下がりました。写真でみるとちょっとした差ですが、実際に見ると結構違います。

▼加工前のED76500と51系客車
20120109_01.jpg
 51系客車(加工していますがTOMIX製品です)と比較すると、あきらかに機関車の方が高いですが、

▼加工後のED76500と51系客車
20120109_02.jpg
 ほぼ屋根の高さが揃ったように思います。車体下部と台車上部との隙間をみると、どのくらい車高が下がったかよくわかると思います。

▼加工後のED76500と51系客車2
20120109_03.jpg
 うん、大丈夫ですかね。あと0.2mmほど下がれば言うことなしですね。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://dc183.blog62.fc2.com/tb.php/327-13ac5cd9