【日誌】ED76 500(15)

 いよいよ大詰めです。
 まず、中間台車の両側にある蒸気発生装置(SG)用の水タンクを繋いでいる配管の再現です。0.8mmも真鍮線を現物合わせで折り曲げ、水タンクパーツに接着します。併せて、1次車の特徴である水タンクの補強表現が製品では片側にしかありませんので、0.3mmの真鍮線で再現しておきます。これは、言葉で説明するよりも下の写真で見たほうが早いと思います。最近発売されたKATOのED76ではこの表現がきちんとされているようです。最近の製品はたいしたもんです。

▼水タンク回りの表現
20120429_02.jpg

20120429_01.jpg

 この配管を表現することによって、下回りがかなり引き締まると思っています。なお、カーブで中間台車がこの配管に接触しないようにかなり微妙に位置を調整してあります。

▼水タンク回りの表現2
20120429_09.jpg

20120429_10.jpg

 大きな加工部分は以上で終わりですので、側面のナンバープレート・メーカープレート取り付けや、ステップ部分の色指し、ATS標記・検査標記・換算標記等のインレタ貼付等を行いました。スカート部分のエアホース取り付けのみまだですが、ここで一旦写真を撮って確認をしてみました。ATS標記は「S」になりますが、このインレタが見当たらず、かなり昔のグリーンマックス製品のものを使ってみたところ、少し大きすぎて変になりました。拡大しなければ、ただ白文字がある程度にしか見えませんのでそのままにしておきますが、気が向いたら、「S」標記のインレタを購入して、本物よろしく赤で上塗りしたあとから重ね貼りしようと思います。
▼インレタ標記(かなり微妙です)
20120429_11.jpg

 インレタには目をつぶって、全体のバランスを見てみます。
▼側面から
20120429_03.jpg

20120429_04.jpg

 側面の写真はまあまあです。中間台車上の配管もちらりと見えてよい感じです。ナンバープレートはましなものから前面に使いましたので、かなり変ですが、それでもインレットの表現は本物の切抜文字みたいで良い感じです。メーカープレートともどもちょっと右下がりかな?

▼公式側
20120429_05.jpg

20120429_08.jpg

▼非公式側
20120429_07.jpg

20120429_06.jpg

 細かく見るといろいろケチをつけたくなりますが、全体的にはまずまずでしょうか?そろそろ飽きてきたので、次回で完成させたいと思います。








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://dc183.blog62.fc2.com/tb.php/335-56db2fe4