【ディテールアップ】旧製品の行先方向幕②

maku21.jpg

 旧製品の行先方向幕の加工に関する記事の2回目です。
※1回目の記事はこちらです。
 まず、今回使用する主な工具です。下図Aは「けがき針」で私が使用しているのはハセガワの「モデリングスクライバー」です。下図Bは「ピンバイス」です。しょっちゅうドリル刃を替えるのが面倒なので、0.3mm、0.5~1.0mm、1.1mm以上の3種類を用意しています。本当は0.1mm単位でピンバイスを用意すればよいのでしょうが金額がバカになりません。小さいのはタミヤ製、おおきいのはホームセンターで買った汎用タイプです。下図Cはデザインナイフでタミヤ製です。下図Dは「精密やすり」でハセガワのセット品です。
▼Aけがき針(左)、Bピンバイス(右)
tool21.jpg tool22.jpg

▼Cデザインナイフ(左)、D精密やすり(右)
tool23.jpg tool24.jpg
 

 今回は前回加工した行先方向幕のパーツを旧製品の車体に埋め込む作業です。
まず、塗装面を傷つけないように行先方向幕部分周辺をマスキングテープで保護します。(下図①)次に、方向幕部分の穴あけのためのガイドの穴をけがき針であけます。(下図②)次に、ケガキ針のガイドに沿ってピンバイスで穴をあけていきます。最初は0.3mmであけ徐々に大きくし、最後は1.0mmであけてみました。下図③はその写真です。あとは、デザインナイフで穴と穴の間を切り取って大きな開口部を作った後、精密やすりで方向幕の形に整えながら削っていきます。大体の大きさに削りだして方向幕を埋め込んでみたのが下図④の写真です。ここでピタッとはまればかっこいいのですが、私にはそこまでの技術はありませんので、車体と方向幕との間に隙間ができています。
 そこで、再びマスキングをしたのち(下図⑤)、隙間部分をパテで埋め、ラプロスで形を整えた後、とりあえず車体色と同じ色でタッチアップして方向幕を埋めなおしてみると、下図⑥のようになりました。当初の目的だったHゴム表現がしっかり出ているので、製品のままよりは良いかなと思っています。
 それにしても、最後の余計な作業なしに完成させられる人は大したもんです。

▼①(左)、②(右)
maku22.jpg maku23.jpg

▼③(左)、④(右)
maku24.jpg maku25.jpg

▼⑤(左)、⑥(右)
maku26.jpg 2
※①~④の写真と⑤.⑥の写真は同一の車体のものではありません。

 さて、最後に、前回に引き続いて実車の方向幕を観察してみます。
▼キハ183-1501
kiha183_1501.jpg
 サロベツ用の改造車です。雨樋部分よりかなり下に作りなおされています。

▼キハ183-1553
kiha183_1553.jpg
 キハ183形1550番台のものです。キハ182形0番台と同様、雨樋部分直下から方向幕です。

▼キハ183-6101
kiha183_6101.jpg
 お座敷改造車です。サロベツ用と同様に雨樋部分より下に設けられています。

▼キハ182-502
kiha182_502.jpg
 キハ182形500番台のものです。0番台同様雨樋部分直下に設けられています。

▼キロ182-507
kiro182_507.jpg
 キロ182形500番台もキハ182形同様です。ただし、キハ182-502をよく見るとある方向幕上部の盛り上がり部分がキロにはありません。ちなみにTOMIXのキハ183形100番台にはこの盛り上がりがきちんと表現されています。

《更新情報》
2012.07.15 記事を掲載

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://dc183.blog62.fc2.com/tb.php/356-5066a105