【編成記録】特急「おおぞら」(1986.11)

特急「おおぞら」の編成記録(1986年11月)

 1986年(昭和61年)11月1日、国鉄最後のダイヤ改正が行われ、これに合わせてキハ183系500番台36両(キハ183形500番台7両、キハ183形1500番台7両、キロ182形500番台8両、キハ182形500番台14両)が増備されました。また、このダイヤ改正でキハ183系137両すべてが札幌運転区(札サウ)の配置となりました。
 これにより、特急おおぞら7往復、特急北斗7往復、特急オホーツク3往復、特急おおとり1往復のすべてがキハ183系による運行となりました。
【1986.11.1】特急おおぞら6号 釧路発 札幌行 36D 札サウ
←苗穂
《キハ
183-
1504
キハ
182-
502
キハ
182-
501
キロ
182-
502
キハ
182-
506
キハ
182-
504
キハ
184-
9
キハ》
183-
506
桑園→
【出典】『鉄道ピクトリアル』905号、66p

【1986.11.21】特急おおぞら6号 釧路発 札幌行 36D 札サウ
←苗穂
《キハ
183-
1506
キハ
182-
502
キハ
182-
501
キロ
182-
503
キハ
182-
506
キハ
182-
504
キハ
184-
9
キハ》
183-
506
桑園→
【出典】『鉄道ジャーナル』別冊懐かしの国鉄列車PARTⅢ

《更新履歴》
2014.09.30 記事を掲載
2015.06.07 記事を追加【1986.11.1】

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://dc183.blog62.fc2.com/tb.php/417-a243485c