【編成記録】特急「おおぞら」(1991.4)

特急「おおぞら」の編成記録(1991年4月)

 1988年(昭和63年)から増備の始まったキハ183形1550番台を含む編成です。1990年(平成2年)9月1日ダイヤ改正により、石勝線方面の特急は、札幌~釧路間の特急おおぞら 6往復と札幌~帯広間の特急とかち5往復の2系統に分かれました。同ダイヤ改正でキロ182形500番台は8両中7両が函館(函ハコ)に転属となり特急北斗用となったため、特急 おおぞらにはキロ182形0番台が専ら使用されるようになりました。但し、室内はアコモ改良が加えられ、座席の3列化などが行われています。

【1991.4.11】特急おおぞら5号 札幌発 釧路行 4005D 札サウ
←苗穂
《キハ
183-
1562
キハ
182-
19
キロ
182-
7
キハ
182-
16
キハ
182-
36
キハ》
183-
9
桑園→
【出典】中野文庫編成資料室のホームページ

《更新履歴》
2014.10.01 記事を掲載

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://dc183.blog62.fc2.com/tb.php/419-646991f6