【参考資料】キハ183系に関する書籍(全般)


キハ183系に関する書籍(全般)

A1 『形式キハ183・185系 ( 国鉄型車両の系譜シリーズ08) 』、イカロス出版、 2008.3
 キハ183系特急型気動車に関する基本資料の1つで、本ブログ記述の際にもよく参照します。登場時から2008年(平成20年)頃までの記録が記されています。キハ183系の概要を紹介する記事に続いて、各形式ごとの解説が鮮明な写真(白黒)とともに掲載されており、撮影日も記されていますので、事実確認の際に重宝します。また、「キハ183系・キハ185系運転のあゆみ」(三宅俊彦氏)の記事は、【編成記録】の記事を書く際になくてはならないものです。2015年9月現在、中古本であれば入手可能と思われます。


A2 「<特集>キハ183・185系」『鉄道ピクトリアル』599号、電気車研究会、1994年12月号
 こちらもキハ183系特急型気動車に関する基本資料の1つです。東城寺から1994年(平成6年)頃までの記録が記されています。「キハ183系・185系車両のあゆみ」(藤田吾郎氏)では、登場時からの車両改造等の経緯が詳細に記されています。また、車歴表には新特急色、とかち色、オホーツク色、、とかち色への塗色変更年月日や改造年月日が記されていますので、【車両データ】の記事を書く際になくてはならないものです。この本にも各形式の写真が撮影日付きで掲載されており、特に、1990年代前半の各車両の様子がよく分かります。入手するとすれば、鉄道書籍を扱っている古本屋さんでしょうか。


A3 「【特集】キハ181・183・185系」『鉄道ピクトリアル』772号、電気車研究会、2006年2月号
 A2で紹介した記事の続編にあたり、2006年(平成18年)初め頃までの記録が記されています。「キハ181・183・185系特急形ディーゼル動車のあゆみ」(岡田誠一氏)では、改めて登場時からの車両改造等の経緯が記されており、車歴表には年度末配置が加わりました。また、「キハ183系の公式写真から」という記事で、キハ183系量産先行車及び量産車(0番台)の公式写真が比較できる形で掲載されています。この本にも各形式の写真が撮影日付きで掲載されています。なお、「キハ183・183・185系運転の興味」(寺本光照氏)の記事では、キハ184形やキサロハ182形550番台などを取り上げて辛口の批評が掲載されており、読み物としてなかなか面白いです。A2と同じく、入手するとすれば、鉄道書籍を扱っている古本屋さんでしょうか。


A4 「特集:キハ183系」『RAILFAN』702号、鉄道友の会、2011年4月臨時増刊号
 A3で紹介した岡田誠一氏による「キハ183系のあゆみ」のほか、各形式の写真、車歴表が掲載されています。2011年の発行ですので、旭山動物園号への改造、400番台への改造も紹介されています。A2、A3に比べるとカラー写真が多く収録されています。市販されているものではありませんが、ときどきネットオークションで見かけます。私もネットオークションで入手しました。


A5 「183系特急型気動車」『週刊鉄道データファイル』、ディアゴスティーニーニ・ジャパン(2004..2~2009.12)
 分冊百科形式の本。通算300号が刊行されうち、次の各号にキハ183系の記事が掲載されています。(第300号の索引より引用)File1-237 183系特急型気動車
SHEET01 イントロダクション(第28号)
SHEET02 183系900番代(第28号)
SHEET03 183系0番代(第28号)
SHEET04 キハ183型100番代(第38号)
SHEET05 183系500番代(第36号)
SHEET06 183系550番代(第36号)
SHEET07 183系「スーパーとかち」用(第38号)
SHEET08 183系その他の改造車(第287号)
SHEET09 183系1000番代(第288号)
SHEET10 183系ジョイフルトレイン(第288号)
SHEET11 183系の編成①(第113号)
SHEET12 183系の編成②(第138号) 
A1~A4の各本とはまた違う視点で記事が書かれているので、読み比べると理解が深まります。写真がすべてカラーなので重宝します。イントロダクションには主要諸元も掲載されています。分冊百科なので今から揃えるのは難しいかもしれません。


A6 広田尚敬『国鉄車両形式集 2 気動車 ―栄光の国鉄車両哀惜のエピローグ』、山と渓谷社、2007.6
 国鉄時代最後の車両の姿を写真で記録したシリーズの気動車編です。キハ183系は27ページから42ページにわたって紹介されており、国鉄時代の各形式の写真が、非常に大きく鮮明に撮影されていて、資料的価値の高い本だと思います。ちょうどデビュー前のキハ183系500番台の各車両の写真が掲載されており、台車まで灰色に塗装された落成当初の姿を見ることができます。また、1986年11月ダイヤ改正で特急北海が消滅する以前の写真ですので、キハ183形900番台、0番台、100番台の各車両はタブレットキャッチャーを装備した姿で写っています。巻末にはJR化後のキハ183系の写真と主要諸元が掲載されています。2015年9月現在、まだ、書店に在庫があるようです。



《更新情報》
2015.09.10 記事を掲載
2015.09.13 記事を追加

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://dc183.blog62.fc2.com/tb.php/690-75892ad7