【トピックス】キハ183系400番台登場

すでにホームページ等の情報によりご存知の方も多いかと思いますが、キハ183系に400番台の新区分が登場したようですね。
現在、確認されているのは、キハ183-405、キハ183-406、キハ182-404、キハ182-405、キハ182-406、キハ182-413の6両で、いずれも、もとの車番(キハ183-505キハ183-506キハ182-504キハ182-505、キハ182-506、キハ182-513)から100を引いた数字のようです。これらの車両は、10月1日ダイヤ改正で特急「とかち」の運用を離脱したり、サロベツの増結用に使用されていた車両で、函館運輸所に留置されているとのことです。「とかち色」の500番台として人気のあるキハ183-506も含まれていますが、同じ「とかち色」のキハ182-512は含まれていないようですね。
このほかにも、キハ183-208、キハ183-218とおぼしき車両も函館運輸所に留置されているようです。
400番台となったことから、何らかの改造等が行われていると思われますが、その詳細はまだ明らかになっていないようです。

また、それまで函館に配属されていたキハ183-1、キハ183-2、キハ183-103、キハ182-1、キハ182-2、キハ182-4、キハ182-5、キハ182-13の8両は、11月30日に釧路に疎開回送されたようです。

当該車両の車両データも早く掲載しなくては。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://dc183.blog62.fc2.com/tb.php/70-3c05eef3