【トピックス】キハ183系400番台登場(2)

キハ183系400番台について、12月5日の函館駅での留置状況をお伝えします。
函館駅ホームに近いほうの留置線には、向かって左側(摩周丸側)から

キハ183-406>+キハ183-406>+キハ182-513+キハ183-218>

が留置されていました。(>は運転台のある方を示す。)
また、その奥の方には、

キハ182-405、キハ182-404、キハ183-208
の3両が確認できました。キハ182-406も他の車両に隠れていただけで留置されていると思われます。

▼キハ182-405(2009.12.05撮影)
キハ182-405

▼キハ182-413(2009,12.05撮影)
キハ182-413

▼キハ183-405(左側の車両)(2009.12.05撮影)
キハ183-405

▼キハ182-404(車番)、キハ183-406(検査表記「15-12 五稜郭車所」(2009.12.05撮影)
キハ182-404(車番) キハ183-406(検査表記)

400番台ではありませんが、キハ183-208、キハ183-218の2両も留置されています。それまで函館に波動用として配置されていた車両がすべて釧路に移動しましたので、仮に、今後函館の波動用を400番台でまかなうとすると、電源付きの車両が1両もありませんので、この2両を活用するのかもしれません。

そのうち、鉄道雑誌で詳細が明らかになるでしょうから、それまでは目が離せません。

▼キハ183-208(2009.12.05撮影)
キハ183-208

▼キハ183-218(2009.12.05撮影)
キハ183-218

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://dc183.blog62.fc2.com/tb.php/71-caedd452