【日誌】キハ183形3550番台も製作中!

 最近の勢いに乗って、加工途中のまま久しく放置していたキハ183-3563、キハ183-3566の2両の製作も再開しました。塗装前の状態までは1年以上前に終了し、塗装からというところで中断していましたが、今回はその塗装を一部行いました。キハ183形3550番台のHET色は屋根部分の塗り分け新特急色時代とは異なりますので、屋根板を車体に接着して屋根板と車体上部のつなぎ目を埋める必要があります。この屋根板を接着してしまうと、屋根部分と車体部分の塗り分けが面倒になるので、屋根板は一旦グレーで塗装し、車体の方も妻面及び客用扉部分のHET色の再塗装を先に行いました。写真は塗装終了後、屋根板を仮に取り付けてみたものです。
 このあと、屋根板を接着したうえで、屋根上部のつなぎ目を埋め、グレーと運転室部分のHET色の再塗装を行うことになります。
 なお、HET色は3550番台時代ということで、いわゆる噴火湾ブルーの濃い青色にしてあります。

▼キハ183形3550番台
280928_03.jpg

280928_04.jpg

▼キハ183形3550番台(運転質側)
280928_01.jpg
 すでに貫通扉も金属製パーツに交換し、手すり等もすべて別パーツ化しています。さらに、キハ183-3563の方は渡り板をたたんだ状態に、キハ183-3566の方は渡り板を倒した状態にしてあります。

▼キハ183形3550番台(客用扉側)
280928_02.jpg
 こちらも手すり等はすべて別パーツ化してあります。他の車両に合わせて貫通幌のパーツを作り分けられるように小加工しました。取付穴をふさいだ方は、戦闘車用の貫通幌を取り付けます。

▼いわゆる噴火湾ブルーのHET色
280928_05.jpg
 あざやかな青色になりました。前回紹介したキロ182-2553と同じ色です。編成が揃うと、TOMIX製品のままのものとはかなり雰囲気が異なってみえると思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://dc183.blog62.fc2.com/tb.php/812-a00e9e0c