【編成記録】特急「おおぞら」(1984.12)

特急「おおぞら」の編成記録(1984年12月)

 インターネット上の動画サイトに掲載されている「キハ183系 1985年頃の活躍」という動画をみると、11両編成のキハ183系による特急「おおぞら」が確認できます(2017.1.14視聴)。一般にキハ183系は10両編成まで増結可能と説明されることが多いですが、国鉄時代の多客期には11両編成というのがあったのを初めて知りました。動画からは車番までは分かりませんが、資料上記録にとどめておきたいと思い、ここに掲載することにしました。1985年(昭和60年)1月2日の編成と合わせて1984年(昭和59年)12月の欄に掲載しておきます。いずれも桑園寄りにキハ182形を1両増結しています。キハ183形及びキハ184形による給電は4両まで、簡易調理器使用時代のグリーン車を含む場合は3両までと一般に説明されますが、確かに11両までは給電可能な計算になります。  ちなみに、動画からは3両の900番台を確認できますが、この時点ではいずれも開閉可能な非常窓がまだ残っているようです。このあたりも模型作りの参考になります。

【1984.12.31】特急おおぞら2号 釧路発 函館行 22D 函ハコ
【1985.1.2】特急おおぞら5号 函館発 釧路行 25D 函ハコ
←苗穂
《キハ
183-
0
キハ
182-
0
キハ
182-
900
キハ
182-
0
キハ
184-
0
キロ
182-
0
キハ
182-
0
キハ
182-
0
キハ
182-
0
キハ
182-
900
キハ》
183-
900
桑園→
【出典】「キハ183系 1985年頃の活躍」(動画サイト)

《更新履歴》
2017.01.15 記事を掲載

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://dc183.blog62.fc2.com/tb.php/843-4f70fbbe