【日誌】HET色ブルー

 キハ183系のHET色のブルーにはいくつかのバージョンがあると言われており、年代による違いもあるようですが、大きく捉えると、五稜郭で全検を受けた車両は、俗に噴火湾ブルーと呼ばれる濃いブルーが、苗穂工場で全検を受けた車両は、それよりも薄く紫がかったブルーであると言われています。
 この両者の色の違いは、キハ183系の2550番台と7550番台が混在していた時期の特急「北斗」の編成や、機関出力軽減化改造直後のキハ182形400番台で組成された団臨の編成などではっきりと見ることができました。
 そこで、模型でも両者の違いを表現してみました。濃いブルーのキハ183-3566はすでに完成していたので、今回は、キハ183-1553を薄いブルーにしてみました。色以外にも、スカートの色や車番の書体、ATS標記、妻面通風孔の有無など、様々な違いがあるのですが、その紹介はまたいずれ。
▼奥が先だって加工したキハ183-3566、手前が今回加工したキハ183-1553
290305_01.jpg

290305_02.jpg

▼左がキハ183-3566、右がキハ183-1553
290305_03.jpg

 TOMIXの製品では、キハ183系の2550番台が苗穂ブルーを、特急「まりも」」が五稜郭の函館ブルーを再現してるように思われます。さて、今月発売されるキハ183系500番台北斗編成は、どちらのブルーで登場するでしょうか。TOMIXホームページの写真では濃いブルーのようにも見えますが。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://dc183.blog62.fc2.com/tb.php/864-59753295