【日誌】また、車両をディディールアップ中!

 下の写真にあるように、現在5両の車両をディティールアップ中です。うち、4両は初期製品、1両はつい先日発売された特急「北斗」500番台の中間車キハ182-500です。
▼ディティールアップ中の車両たち
20170626_02.jpg

20170626_01.jpg

 5両のうちの3両は、現在編成組成中の平成19年(2007)年9月19日の特急とかち8号に使用するためのキハ182-506、キハ182-4、キハ182-13の3両です。このうちキハ182形0番台2両は、初期製品からのディティールアップですので、写真に見えるように、IPAによる塗装剥離から始まって、ランボードの撤去と更新などを行っています。現在、手すり等の取付まで終わりましたので、このあと、サフによる下地塗装へと進む予定です。キハ182-506は、最新製品からの転用ですので、手すり等の取付が終わりましたら、妻面に白色のサフを吹き、HETブルーを苗穂色の薄い青色に変更する予定です。
 残りの2両は、HET色のキロ182-1と同じ編成を組む予定のキハ182-13とキハ184-10です。こちらのキハ182-13は床下機器が灰色の時代で、HETブルーも濃い青色とする予定です。また、キハ184-10はとかち色とする予定です。
 キハ182-506を除けば、種車はネットオークションで500円程度で購入したジャンク品ですので、気軽に作業ができます。
 ちなみに、今週は特急「サロベツ」用のキハ183系が新発売される予定ですが、こちらは、特急「北斗」用とは対照的に苗穂色の薄いブルーになるように思われます。TOMIXでも色の区別をするようになってきたんですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://dc183.blog62.fc2.com/tb.php/887-4fb433ad