【日誌】キハ183保存の動き(その4)

 いつもDC183系資料室をご覧いただきありがとうございます。
 さて、現在、クラウドファンディングにて保存に向けた動きが進んでいるキハ183形初期車の件ですが、保存予定の車両が具体的に示されています。保存の確定した道の駅展示車が、キハ183-214、屋根付きの専用車庫への収納を目指しているのがキハ183-220とのことです。
 当ブログをご覧になっている方の中には、今回のクラウドファンディングの支援に参加されている方もいるのではないかと思われますので、これまで当ブログで収集してきたデータ等をもとに今回と次回の2回に分けて、キハ183-214とキハ183-220の2両を管理人なりに紹介してみようと思います。

《外部リンク》
クラウドファンディングのページは ⇒ こちら

 今回は、キハ183-214を取り上げます。
▼キハ183-214(2017.10.29撮影、札幌駅)
20180224_01.jpg

 この車両は、1982年(昭和57年)に、キハ183系0番台の第2次増備車として新潟鉄工所で製造され、キハ183-14として誕生しました。当時の札幌運転区(現在の札幌運転所)に配置され、登場当初は主に特急「おおぞら」「オホーツク」用として活躍しました。その意味では、特急「おおぞら」の停車駅だった追分駅のある安平町に保存される車両としてふさわしいのかもしれません。
 なお、この車両は、キハ183-214に改番後の2012年(平成24年)、キハ183系の受け持ち変更に伴い札幌運転所から苗穂運転所に転属となってはいますが、新製配置から一度も札幌を離れることのなかった数少ない車両の1つです。
 キハ183-14時代の写真として管理人が把握しているのは、『鉄道ピクトリアル』599号30ページ所収のオホーツク色のもの(1992年(平成4年)撮影)だけですが、国鉄標準色時代の写真をお持ちの方は貴重な写真であると思います。
 キハ183-14は、国鉄の分割民営化後の1987年(昭和62年)7月に国鉄標準色から新特急色に塗り替えられていますので、1987年(昭和62年)4月から約3か月間は国鉄標準色に白字の大きなJRマークを付けた姿が見られたものと思われます。また、この頃、座席モケットもそれまでのロームブラウン一色から500番台の車両と同様のヘーゼルナッツに黒とオレンジのストライプの入ったものに張り替えられたと想定されますが、これについては記録がなく確証はありません。
 それから約3年後の1991年(平成3年)12月には現行塗色と同様のオホーツク色に塗り替えられており、その際、運転席側の全面には「OKHOTSK」の大きなロゴマークが付けられていたものと思われます。また、座席モケットが当時の781系電車と同様のラベンダー色のものに張り替えられていることが記録から分かります。
 1993年(平成5年)11月、駆動機関の出力増強を図るため、それまでの「DMF15HSA」型エンジンから「DMF13HZC」型エンジンに機関換装したのに伴い、車番がキハ183-14からキハ183-214に改番されました。

キハ183-14の車両データは ⇒ こちら

 改番されたキハ183-214の改造後間もない写真が前掲の『鉄道ピクトリアル』599号31ページに所収されていますが、これを見ると車番の字体が黒の新ゴシック体となっていたようです。現在は下の写真のように黒の国鉄フォントとなっています。今回保存される車両が国鉄標準色に塗り替えられた際、車番をキハ183-214のままとすると初の200番台の国鉄標準色ということになりますが、車番を黒の国鉄フォントとするのか切り抜き文字を模した銀色の国鉄フォントとするのか、鉄道模型ファンの管理人としては楽しみなところです。
▼車番(2008.10.04撮影)
キハ183-214

 さて、改造後のキハ183-214は、しばらくの間、現在のような車販準備室のない仕様で活躍していましたが、キロ182形0番台の車販準備室部分を普通座席に改造したキロハ182形0番台の登場に伴い、キハ183-211~215の各車両の業務用室を車販準備室に改造することとなり、キハ183-214は1996年(平成8年)7月に改造が行われ、1-3位側の業務室用窓が埋められるとともに行先方向幕の位置が客用窓側に移設され、外見が大きく変化することになりました。国鉄標準色に復元された場合、この外見での国鉄標準色も初めてとなります。
 1998年(平成10年)3月、室内のアコモ改良が行われ、座席がそれまでの「R51C」型座席からテーブル付きの「R55」型座席に取り換えられ、座席モケットもキハ283系と同様の丹頂柄のものに張り替えられました。
 2000年(平成12年)頃になると、キハ183形初期車の運転席側につけられていた「SUPER TOKACHI]「OKHOTSK」のロゴが消されることとなり、キハ183-214の場合は、2000年(平成12年)11月頃に消去されたようです。これでまた、外見に変化が見られたことになります。
 2006年(平成18年)9月、窓ガラス破損防止のためポリカーボネート板が取り付けられ、これでまた外見が大きく変化しました。国鉄標準色に当たってこのポリカーボネート板をどうするか注目するところですが、管理人個人の好みから言えば、ポリカーボネート板は是非取り外した姿にしてほしいと思っています。
 2008年(平成20年)9月頃には、座席交換が行われ、それまでの「R55」型から「キハ283系タイプ」の座席になりました。併せて座席モケットが789系1000番台と同様のえんじ色のモケットに張り替えられ、これで内外ともに現在と同様の姿となりました。
 その他、新製直後と比較した外見上の特徴としては、JRへの民営化前に前位側の屋根上にJR無線アンテナが取り付けられたこと、新特急色時代に運転席と反対側の屋根上に補助汽笛が取り付けられたこと、改造時に改造銘板が加えられたこと、ATS標記が国鉄標準色時代の「S」から「NS」、そして「Ds」と変更されたこと、「110」の速度標記が加えられたこと、などがあげられます。

キハ183-214の車両データは ⇒ こちら

▼キハ183-214(2017.01.24撮影 札幌駅)
20180224_03.jpg


《更新情報》
2018.02.24 記事を掲載

【車両データ】キハ183-14

【キハ183-14】

1.新製時の概要
●製造所:新潟鉄工所
●新製区分:1982年度(1981-1債)
●新製年月日:1982(S57).09.17
●新製配置:札幌

2.新製時の主要諸元
●定員:40人
●最高速度:100km/h
●駆動機関形式・定格出力:DMF15HSA・220PS/1600rpm
●液体変速機:DW10
●台車(駆動・付随):DT47A・TR233A
●電源装置・発電機:DMF15HSA-G・DM82/180kVA
●冷房装置:AU79×1
●座席・色・シートピッチ:R51C・ロームブラウン・940mm

3.車歴
●1982(S57).09.17 新製(札幌)
●1993(H05).11.30 改造(札幌)→キハ183-214

4.塗色変更
●1982(S57).09.17 国鉄標準色(新潟鉄工所)
●1987(S62).07.20 新特急色(苗穂工)
●1991)H02).12.18 オホーツク色(苗穂工)

5.改造・工事等
●1985(S60).06.頃 工事【最高速度110km/h化(エンジン出力強化:250PS/2000rpm)】
●1991(H03).12.18 工事【オホーツク用アコモ改良(座席色:ラベンダー)】(苗穂工)
●1993(H05).11.30 改造【エンジン強馬力化(250ps→420ps)】(苗穂工)→キハ183-214

6.検査表記
●「57- 9 新潟鉄工所」

7.その他
●写真(1992.9.8撮影):1-3位側・オホーツク色(『鉄道ピクトリアル』599号、30p)

《更新履歴》
2010.01.18 データを掲載
2018.02.24 データを更新

【考察】キハ183形100番台を見分ける(その5)

 第5回目の「その5」では、2008年(平成20年)から2013年(平成25年)にかけてTOMIXから製品化されたリニューアル製品仕様のキハ183形100番台について、模型のどの部分が実車のどの部分を反映しているのかを見てみたいと思います。Nゲージの各製品についての概要について詳しく見たい方は、次のページを参照してください。
【Nゲージ】キハ183形100番台

▼国鉄標準色(キハ183タイプ)
20180212_01.jpg

20180212_02.jpg
 まず、全ての製品に共通して言えることですが、運転席側の新鮮空気導入装置脇のランボードの取付位置が、102号、104号と同じパターンであることが分かります。TOMIX製品では前面貫通扉上方の手すりや称呼標記は表現されていませんので、ランボードの取付位置から、TOMIX製品は、102号、104号をプロトタイプとしていると思われます。
 次にJNRマークの取付位置が運転席寄りであることが分かりますので、これは101号、103号、104号の特徴であることが分かります。
 ちなみに、104号は最初から国鉄標準色(キハ181タイプ)として出場していますので、厳密に言うと、このままでは写真のような車両は存在しないことになります。JNRマークを後方にずらせば102号、ランボードの位置を前方にずらせば103号ということになります。
 なお、雨樋の接続部分が赤色に塗装されていますが、実車の写真を見ると、102号、103号のキハ183タイプ時代の国鉄標準色、104号のキハ181タイプの時代の写真で確認できます。

▼国鉄標準色(キハ181タイプ)
20180212_03.jpg

20180212_04.jpg
 JNRマークの位置に着目しますと、1-3位側の取付位置は102号の特徴を、2-4位側の取付位置は101号、103号、104号の特徴を表しています。
また、雨樋の接続部分はクリーム色に塗られており、キハ181タイプの国鉄標準色で一般的に見られるものです。

▼新特急色
20180212_05.jpg

20180212_06.jpg
 JR北海道発足後のJNRマークが取り外されて以降の塗装が再現されています。写真には写っていませんが、客用扉側の通路部分の窓が黒く塗られていないパターンの塗装が再現されています。

▼HET色
20180212_07.jpg

20180212_08.jpg
 「HET183」ロゴの位置が運転席窓の少し下方にありますので、102号、103号の特徴を表しています。運転席窓のサッシが黒く塗られているのは101号、102号の特徴ですので、この製品に一番近いのは102号ということになります。

▼とかち色
20180212_09.jpg

20180212_10.jpg
 この塗色は104号のみですので、この製品のプロトタイプは104号ということになります。乗務員室情報の屋根色と車体色との塗り分けラインはHET色のものとは異なり、雨樋の高さのところにある時期が再現されています。

 このように、TOMIX製品は、苗穂工場で改造された102号、104号をプロトタイプとしつつも、ちょっとした加工や塗装表現の変更で101号や103号を再現することも可能であるといえます。

《更新履歴》
2018.02.13 記事を掲載